緑のカプセル
  • ホーム
  • EDを治療するならバイアグラやレビトラがおすすめ!

EDを治療するならバイアグラやレビトラがおすすめ!

バイアグラとレビトラはともに人気のあるED治療薬です。
有効成分には違いがありますが、基本的なメカニズムは共通しています。
ペニスへの血流量を増やしEDを治療することができます。
バイアグラには25mgと50mgの錠剤が存在します。
効果の持続時間は4時間から6時間ほどです。
レビトラには10mgと20mgの錠剤があります。
効果の持続時間は10mgが5時間程度で、20mgは10時間程度です。

バイアグラの価格は25mgが1錠あたり1300円ほどで、50mgは1500円ほどになります。
ジェネリック医薬品のバイアグラは日本国内でも50mgのものが販売されており、1錠あたり1000円で購入できます。
レビトラの価格は10mgが1錠あたり1500円で、20mgが1800円とされます。
バイアグラもレビトラもジェネリック医薬品が流通しており、個人輸入代行サイトを通して安価に購入可能です。

バイアグラはED治療薬として世界で初めて製品化されました。
世界的に知名度が高く、短時間で効果を実感できることから人気があります。
レビトラも水に溶けやすい性質があり、即効性が特徴です。
空腹時に服用するとバイアグラは30分ほどで効果が現れます。
レビトラはさらに早く20分ほどで効果を実感できます。

バイアグラもレビトラも即効性のあるED治療薬として人気ですが、副作用も存在します。
いずれも血管を拡張する効果があることから頭痛や動悸、鼻詰まり、顔のほてり、目の充血などが発症する場合があります。
副作用は基本的に軽度で、通常は4時間から6時間ほどすれば回復します。
バイアグラやレビトラを服用した人のうち、およそ9割に軽度の副作用が現れます。
基本的には軽度なので問題はありませんが、長時間経過しても回復しない場合には医師に相談します。

バイアグラやレビトラを服用する場合には、併用が禁忌とされる医薬品や食べ物に注意が必要です。
また他の疾患を抱えている場合には、服用できない場合があります。

バイアグラとレビトラの服用方法

バイアグラは食事の影響を受けるので、基本的に空腹時に服用します。
食事と併用すると効果が半減するため注意が必要です。
服用前に食事を摂った場合には、2時間ほど時間を置きます。
レビトラはバイアグラよりも食事の影響を受けづらいという特徴があります。
700kcalまでの食事であれば、影響はありません。
ただし空腹時に服用した方が効果的です。

バイアグラやレビトラを服用する前に食事を摂る場合には、脂分の少ないものを少量摂るようにします。
いずれも水で服用するのが通常ですが、アルコールで服用することも可能です。
適量のアルコールであれば、リラックス効果があるので薬の効果を高めます。

バイアグラとレビトラは血圧に関係がある薬です。
それぞれ血圧と関係のある薬との併用が禁忌とされます。
バイアグラは硝酸剤やアンカロン錠、アミオダロン塩酸塩を使用する抗不整脈薬などと併用できません。
レビトラは硝酸剤、抗不整脈薬、内服の抗真菌薬、HIV治療に使用される抗真菌薬などとの併用が禁忌とされます。

またグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食べ物は避ける必要があります。
フラノクマリン酸は薬の体内吸収を促進するので、薬の効果だけでなく副作用も強めます。
硝酸剤などの併用禁忌薬やフラノクマリン酸を含む食べ物は、副作用が重くなるので注意が必要です。

バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが含まれており、レビトラにはバルデナフィルが含まれています。
いずれもペニス周辺の血管を拡張して血流を増やしEDを治療します。
ほぼ同様の効果を期待できますが、レビトラの方が食事の影響を受けづらくより即効性があります。
価格はバイアグラの方が安価です。
予算や体質に応じて最適な方を選択すれば、いずれの場合でも効果的にEDを治療できます。

関連記事